2019年12月03日

飲食店の倒産率が10年で9割と高い理由【不労所得とは何か】



★飲食店の倒産率が高い理由
①在庫リスクが高い
(なま物なので数日で償却しないと腐り廃棄と最悪)
②競争相手が強い
(1町に居酒屋とか鍵屋とか歯医者とかが5軒とか多すぎ)
③単価が安い
(利益率が低い。客はラーメン1杯700円以上は嫌う)
④家賃が高い
(安い所を探すと過疎地なので客が来ないが高い所は競争が激しい)
⑤初期投資が高い
(機材代などで1千万円もかかるが廃業時に売却もしづらい)

※コンビニもだが、雇う側は高リスクな人件費がかかり、
 雇われる側は安月給だ。大手は無人IT化を進めるので、
 コンビニでバイトなどは人生で、更に無駄になる。


☆不動産が安定的だといわれる理由
①在庫リスクが低い
(都会の空き家などが狙い目。事故案件など病院死亡数からして少ない)
②競争相手が弱い
(大手でもシェアは2割。個人事業主が入り込みやすいが、コネによる)
③単価が高い
(利益率が高いわりに、飲食業と違い馬鹿住民を外せば運用は楽)
④家賃収入は景気に左右されづらい
(株や為替などと比べたら相場に影響されづらい分散投資対象)
⑤初期投資が高い
(土地などで1千万円もかかる)

※不動産仲介業なら低リスクだが、レバレッジが効く。
 田舎や新興国の不動産が発展するという奴は、
 高額で便利なインフラがある都会や先進国に、
 人が集まる事を知らない馬鹿。

この点からしてネットビジネスは、
初期投資は数万円程度と低リスク。
FXも少額なら数万円の損得と低リスク。

芸能人は多くは年収は数千円程度で、
売れても年収約1千万円と割が合わない。

有名な芸能人が飲食店を起業しても、
売れても家賃の高さなどで廃業している。

要するに飲食起業家に、機材や店舗や広告など
を貸したり売ったりするのが、一番儲かる。

TVなどのマスコミの影響で、飲食起業をしたがる
人は多い。何も考えていないサラリーマンも多い
ので、マスコミこそ情弱を狙う情報商材の売人だ。

しかし短期投資も情報商材などのネットビジネスも、
労働をある程度しないと儲からないが、不動産投資の
仕事量は他と比べると少ないので、これが不労所得で
あり、人間は老化し劣化するので、不労所得が要る。

以上


令和元年 皇紀2679年[西暦2019年] 12月2日(月)
著者:城神YU
posted by 城神YU at 11:00| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

スマホでパソコンにファイルを転送するなどの共有する時などに、防犯上でも注意する事

最近の多くの人はパソコンではなく、スマホだけ持っている人が多い。理由はスマホは小さいので、邪魔にならずに便利だからだろう。スマホは多少のネット放送は出来るが、儲かるスマホのアプリや動画作成などは出来ない。

比較対象が中古のスマホではあるが、スマホよりもWindows10の音声認識などの方が便利だ。約20年前に買ったマイクでさえ、クロームも使うと、この文章のような文字化が出来たり、音声でパソコンを操作が出来る。手作業は老人ボケ予防になるが、歌手や駄弁りな英会話などは儲からない。

スマホで写真撮影をし、スマホのSDに保存しておくだけだと、写真編集も大量長期保管もしづらい。このような様々な理由でスマホとパソコンは、共有が出来るようにすると便利だ。

共有とは、例えばWindows10のフォルダーをスマホでも、閲覧や書き換えなどが出来るようにする事などだ。ただしこの設定が少し面倒くさい。まずパソコンのOSが、Windows10でスマホのファイルマネージャーのアプリが古いと、Windows10の共有フォルダーを見れない。

また多くのブログなどで説明されていない事だが、共有の設定(Windows10にIDとパスワード無しで匿名なアクセスをしたいなら、Everyoneとパスワード保護共有を無効を選ぶ)をした後に、新しい共有フォルダーを作るなどをしないと見れない事もある。

これは更新しないと、保存した前の状態で表示されるブログに似ているような、キャッシュに残留したような現象なのかもしれない。そして共有フォルダーなどは数多く作ると管理がしづらいので、ディスク1個に共有フォルダー1個などと極力減らした方が良い。

スマホのアプリが古いとは、例えばSMB V1しか見れないアプリだと、Windows10は初期ではSMB V1は無効になっているので、WindowsXPの共有フォルダーもWindows10では見れない。

これはWindows10のSMB V1を有効にすれば、WindowsXPでもアンドロイドのバージョン4ぐらいでも、Windows10の共有フォルダーにアクセス(閲覧や書き換え)が可能にはなるが、SMB V1はウイルス感染する問題がある。

これの対策は「SMB V1を使わずに、最新のSMB V3などを使う」だ。しかしそれだと中古のパソコンやスマホで共有できない。というか、そもそも中古の端末はセキュリティ上、対策されていないので危険は多い。

ただし個人で使用するならセキュリティの専門家になるという、試しに色々な事をしても良いという前提で話を進める。まずWindowsXPは修正パッチをあてると、一応ウイルス対策できるらしい。

例えばワナクライというコンピューター・ウイルスは、2017年に世界的な大規模な被害を及ぼし、ITセキュリティの自称専門な大企業などが感染したウイルスだ。その内容はSMB V1の脆弱性をついて、ウイルスに感染させて、仮想通貨を6万円ほど払えば解除するというが、持ち逃げするだけというものだ。

どのサイバー攻撃でも振り込め詐欺でも、何でもいえる事だが、まずは無視し記録だけは取り通報しろ。無知な老人は自称専門家や本物の政治家や役人や銀行員などではなく、利害関係を同じにする子供などに聞け。

ウイルス感染をしないためには、修正パッチをあてた方が良いのだが、大企業などは面倒くさがりしないので、感染被害にあいやすい。ただし面倒だと思うのは、無知や無能だと分かる株式投資などでも参考になる判断材料ではある。

WindowsXPのワラクライの更新プログラム(修正パッチ)は「KB4012598」である。WindowsXPよりも古いOSは、もう開発されていないのであろう。要するにXP以前で、ネットを閲覧するのはかなり危険だ。それでもWindows98などを今更、使っている奴もいる。

またWindows10でも バージョン1703以前だと、更新プログラムをあてないと脆弱性が残る。バージョンの確認の方法はスタートアイコンから設定を選び、Windowsの設定の左のバージョン情報を選び、Windowsの仕様に記載されている。

修正パッチがあたっているかを確認する方法は、Windowsのシステムツールのコマンドプロンプトで、「wmic qfe list」というコマンドを打ち込むと(wmic qfe listをコピーして、エンターキーを押せばペーストされる)、以下のような更新プログラムの文字が表示されたら、適用されているらしい。




ワラクライ・ウイルスのみ(だと思っておいた方が賢明)の更新プログラムのファイル名
例「Windows8-RT-KB4012598-x86-custom.msu」

以下の文字を検索などで自分で探す。それにしてもバージョンって被るんだから、メーカーはマイナーバージョンとでも表示してくれよ…

▽個人で利用など
WindowsXP や Windows Vista は「KB4012598」
Windows 7  は 「KB4019264」
Windows 8 は「KB4012598」
Windows 8.1 は 「KB4019215」
Windows 10 バージョン1507  は「KB4019474」
Windows 10 バージョン1511  は 「KB4019473」
Windows 10 バージョン1607  は「KB4019472」
(バージョン1703以降はリリース時に適用済み)

▽サーバー業務など
Windows Server 2003/2003 R2 は「KB4012598」
Windows Server 2008 は「KB4012598」
Windows Server 2008 R2 は「KB4019264」
Windows Server 2012 は「KB4019216」
Windows Server 2012 R2 は「KB4019215」
Windows Server 2016 は「KB4019472」

更新プログラムをダウンロードできたら、まず外部ディスクに保存する事だ。なぜなら内蔵ディスクだと長時間ネットに接続しているので、更新プログラムがウイルス感染する危険もあるからだ。

こういう面倒な事が多く、最近はWindows 10 バージョン1703以降の中古ノートPCでさえも、1万円程度で買えて、古いPCは無料で引き取ってくれるのだから、買い替えろよと思う。PCは内蔵ディスクは取り外しが出来るのが多いが、スマホは出来ないので、やはりPCこそ仕事用端末として向いている。

中古のスマホの場合は、アンドロイドのバージョンの古さというよりも、新しいSMB V3などに対応している、ファイル転送アプリを有料で買うかどうかになってくる。有料といっても、たったの数百円だがケチる奴が多い。

Android用アプリES File Explorerに脆弱性。十分な告知なくWebサーバーが起動
>ES File Explorerは、2014年以来5億以上ダウンロードされた、と豪語している

これはWebブラウザで外部からスマホの内部が見れて、書類などがダウンロードされる危険性があるという事だ。PCのソフトウエアも有名な大手のWebサイトだから対策しなくても、ウイルスに感染しなくて安全だと、多くの人は思っているが、過去に被害があった。これは情報収集するしかない。

投資のセミナーでも、ネットビジネスの情報商材でも、たかが30万円が高値と言い張る奴がいるが、これらは1億円も儲かるかもしれない。しかし古臭いTVや新聞のカルチャークラブな通信教育や大学教育の方が、無駄に高値だ。

「アプリや情報商材くらい最新で優秀な物ならケチらずに買えよ。ケチっている時間が無駄だ。そんな金は古くて無能な新聞や雑誌や本や学校教育を買わなければ捻出できるだろ。留学や海外旅行だって無料通話アプリで外人と電話してろよ」という事だ。

大衆や大企業はミーハーな馬鹿が多いので、古臭い無知な老害な情報や商品をオシャレだと思い高値で買ったり、上記のようなセキュリティの細かい情報は、面倒なので聞きたがらないので、ウイルス感染などをし大損する。

以上




令和元年 皇紀2679年[西暦2019年] 12月1日(日)
著者:城神YU
posted by 城神YU at 11:00| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

結局はメモリー増設をしないと動かないので、TV通販のパソコンは買わない方が良い

本記事は前回の記事の重複というよりも、知っていると得する情報の追加である。本記事の以下のような安全かつ安値で得な情報は、TVや新聞やそれらマスコミが推奨する、高値な本や雑誌や通信教育や大学などでも配信されていない。なんせ大学は高値なMacを学生に購入させ、企業はWindows使用だ。

2019年11月現在、TV通販な新聞広告で「OSはWindows10でメモリー4GB搭載のノートPC(パソコン)が2万円で販売」とある。しかしこれをネット通販で同スペックを買うと、1万円だ。

違う点は、TV通販の方は保証期間が3年で、ネット通販は3か月だ。保証期間とは故障したら、別の商品に交換してくれる事だろう。「だろう」とは私の場合は、中古PCでも5年ぐらいは使えているので、交換してもらった事が無い。

メモリーが4GBだと、最近の多くのWebブラウザは、数個拡張機能を入れただけでも3GBも使う。これはメモリーを増設しないと、中古でジャンクなので初期動作が出来ないと考える人が多いが、そもそも容量不足だ。

10年前の中古と違い記載がなければ、今の中古は初期故障が無く保証があって当たり前なのだ。酷い店ならレビューやブログなどで酷評すれば良い。これは公共の利益なので、名誉棄損にも当たらない。

ネットの情報によると64bitのノートPCには、メモリーは最大32GBが搭載できるらしい。しかしメーカーは2010年現在だと、最大8GBだと言っている。たぶんこの頃の新品PCが2019年現在の中古PCとして売り出されているので、メモリー増設は16GBぐらいが妥当だろうか。

メモリーの値段は8GB×2個で約6千円だ。或いはメモリー1個16GBを買い、後は最初からついていた2GB×2個(ノートPCの差し込み口の多くは2個)の、2GBだけ抜かずに16GBを足して18GBなどと出来るかもしれない。ただし同製品同容量が、良いパフォーマンスが出来ると言われている。

儲かりそうなスマホのアプリやV Tuberなどを作ったりネット放送をするには、メモリーは16GBは無いと、まともに動かないだろう。これはいくら3年保証と言っても、メモリーを自分で増設したら保証対象外になるし、2年も使えれば、値段的にも(10年前だが)新品時25万円に対して、中古は1万6千円(VPSで借りると1か月で千円かかる)だから、コスパは十分だし、メモリーを増設は簡単だし自分でメモリーを増設しても良いだろ。

メモリー増設で一番重要なのは、ネジ穴をドライバーで潰さない事だ。これは強く押し付け過ぎもダメになる。また回転数(作業数)も多くすると、ダメになりやすいので、まずはネットで自分のPCの使用方法などを検索することだ。メモリーやHDDの増設の方法などは、パソコンの取り扱い説明書などには、なんせ保証対象外なので載っていない。無知なら金を出すしかない。

自分でメモリーを増設するというか、最初にすると安全な事は、まず中古PCを購入し来たら、まずノートPCの底の型番などをメモるか、スマホで写真を撮る。そして型番をネットで検索し、メーカーの取り扱い説明書やBIOS更新書類やドライバーなどをダウンロードする。

「(Windows7をWindows10にした)中古ノートPCがたまに再起動するエラー(K41病など)を起こす」という人がいるが、メーカーのホームページを見ればわかるが、メーカーは初期購入時の状態(Windows7)しか対応していなく、Windows10対応の更新書類など開発や公開などしない。

K41病とは原因不明なエラーだが、そもそも中古PCは部品が古いので、エラーは起きるだろう。ノートPCの液晶画面などは、バックライトというTVでも使っている部品は、8年程度しかもたない。これは交換というか今は、安値な商品が多いので、新品を購入した方が早い。

またノートPCは別画面に表示できる。ノートPCは液晶とバッテリーとHDDの故障は多いが、それ以外は多くない。ただし電源スイッチは毎日押すし、これが故障すると使用できなくなる。これは電源スイッチの扱いだけは、特に丁寧にした方が良い。キーボードなどはUSBの無線など別機も使えるだろう。

K41病などが出たら、もうあきらめてWindowsの高速スタートアップなどのWindows10の高機能な機能を切るしかない。他に高機能ではないが、省エネ設定も解除した方が良い。ただし一番のエラーの原因はメモリーの容量不足で、K41病だけが発生しないのは高速スタートアップの停止っぽい。

その他に光回線の中で、某国と共同開発し技術流出していたメーカーだと、回線速度が1MB程度(動画1つがギリギリ再生できるレベル)しか出ないというのもネットの情報であったので、回線選びも注意だ。この回線のISPの社長は在日だし・大赤字だし…かえってモバイルWiFiの方がマシかもしれない。

数か月前にはTV通販の新聞広告で、2万円でメモリー2GBでWindows10搭載のノートPCを販売していた。大手の安売り店でも、新品のノートPCでこのスペックで、なおかつメモリーを増設できない直接接続をしてるのもあった。

数か月前にネット通販の5千円ほどの新品の中華タブレットも、アンドロイドVer7でメモリーが1GBという、とてもじゃないけど動きそうにないものもあった。

せいぜい数個ゲームアプリを入れる程度でしか使えないだろう。2GBはないと、まともに動かないから…かえって3千円で売っている国産の中古スマホの方が動く。

このスマホが古いが、Windows10にデータをバックアップしたい事があるだろう。またWindowsXPなどを建築業者のCADなどで使っている人が多いが、これもWindows10でSMB V1を有効にしないとWindowsXPや古いスマホではWindows10やその共有フォルダなどが見れない。

ただしSMB V1はセキュリティの脆弱性が指摘されているので注意だ。これは不特定多数の人がいる大企業ではやらない方が良く、個人事業主や中小企業などは、人数の少ない限定性や優秀な人が多い人間性が良い環境なら仕事の速度や楽さ加減からしてやっても良いかもしれない。

また初期ではパスワードを入力しないと、WindowsXPなどと違い、Windows10の共有は見れないようになっている。これも少数精鋭で作業速度を上げるなら、パスワードを入力しなくても共有できる設定もあり有功だ。

またLANを構築するルーターもWindows10の中古ノートPCなどがあれば、Wndows10の付属機能で簡単に作れるので得だ。無線LANアダプターは中古ノートPC購入時に付属されてくるのが一般的だ。

そしてノートPCをルーターにするには、インターネット側から有線ケーブル(無線LANアダプターでも可だが速度的には光回線や有線ケーブルの方が早い)をPCに繋いで、無線LANアダプターは子機に送信するアクセスポイントなデバイスとする。

そしてWindows10のデスクトップ画面のタスクバーの右下にある、ネットワークをクリックし[ホットスポット]でSSID(WiFiサーバー名)とパスワードを決め入力する。そしてスマホやPCなど各端末にも、SSIDとパスワードを入力すると接続できる。

そしてスマホならファイル転送アプリを使い、共有などを選べばWindows10の共有フォルダーを閲覧や保存できるようになる。そしてこのような保存作業が終わったら、すぐにルーター機能を停止すればコールド(オフライン)・ネットワークなので、セキュリティは向上する。

ルーターの停止は、ログインパスワードなどを記入した重要データを数百円でネット通販で購入できる、MP3プレイヤーでUSB化した外付けマイクロSD(ならPCだけでなくスマホでも見れる)の保存と同様に、USB端末をスライドだけでON/OFFできる、変換機をつければ手軽で安全だ。

ただしこれらの安値な品は、某国の欠陥品もあるので、国産品でも高くなく数多くでバックアップしておくと安全だ。またノートPCの外付けなSDスロットには、SDは入れない方が抜けなくなる危険が防げるので、USBを利用した方が安全だ。

しかし中古スマホのUSBは、数多く使うと接触不良になるので、特にWiFiで済むようなTV画面にスマホ画面を表示するUSBケーブルは買わずに、千円程度のWiFiの方を買った方が良いかもしれない。

ちなみにTVがあってもアンテナが故障していれば、受信料は払う必要はあるのか?アンテナは新設から10年しかもたないとある。しかもアンテナのUHFという周波は、葉っぱが茂ると見れなくなる弱さだ。

こんなもん災害時の非常用メディアになるかよ!スマホのアンテナを数多く建てた方がマシだ。もうTVやPCよりもスマホに力を入れた方が良い。金を儲けられる方法も、若者のモノ離れなどからして、ネットビジネスでもなく、投資しかない。

投資はスマホがあれば出来る。メモリーが多めのスマホを買った方が良い。またスマホを無線で操作できるマウスやキーボードも買った方が、楽だろう。ただし音声認識操作の方が楽だ。これもメモリー容量がいる。

声の使い過ぎなど一般人はないし、しゃべれなくても生活はできる。むしろ手の負担を避けた方が現実的だ。手が使えないと食事もできないし、儲かるかもしれない絵や企画なども作れない。

手の保護こそ重要視した方が良い。例えばキーボードなどは便器以上にバイ菌やインフルエンザなどが多いので、馬鹿会社のPCやパチンコなどは使わないや、自宅のPCもキーボードやマウスなどに、ビニールをかけ、消毒用アルコールで拭くなどだ。

またメモリー増設時も感電するのでバッテリはー抜き、手袋をするだ。バッテリーは、重要な作業PCでない、チャートなどの閲覧用のPCなどなら普段から抜いておいた方が良いだろう。無駄な電気代やバッテリーの消耗などもある。

逆に高値だと思うかもしれないが、冷蔵庫などの家電でも使えるバッテリーを買っても良いかもしれない。冷蔵庫の食材が腐った方が無駄にもなる。贅沢だとTV番組で言い張っていたが、(TVを買うなら)冷蔵庫を2台買った非常用食材も保存が出来るので安全だ。

数年前に朝鮮人の店で豚の生肉を食っていた人がいたが、生肉は死ぬほど危ない。中韓製のスマホもバッテリーが爆発したり、日本の家電の大企業が中国に丸投げした乾燥機も火災が発生し死亡している。外国製の中古PCもアダプターが熱い。こういう事を左翼なマスコミはあまり報道しない。ともかくTVなどの情報を信じると大損する。

以上



令和元年 皇紀2679年[西暦2019年]11月29日(金)
著者:城神YU
posted by 城神YU at 08:00| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログでパチンコなどの広告が表示されていても、それは運営が自動的に表示しているだけです。


Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版