2020年09月21日

【銀行やマスコミでは教えてくれない】貯金の盗まれない最強IT防犯術【複数の口座開設は得をする】

2020年9月の昨今は、ドコモ口座やペイなどを契約していなくても、泥棒が勝手に外部出金サービスと契約して貯金を盗む事件が多発している。多くの人はペイオフという保証制度で安心しているが、財産を盗まれる方は保証をしていない。

マスコミの記事で「被害に遭いすぐに口座を解約した」とあったが、口座を解約すると個別保証がされない事を記事には書いてなかった。またマスコミが言い張ってきた「銀行は架空口座対策をしている」という結果がこれだ。

多くの人は誤解をしているので、ちゃんとした防犯も便利なネット生活も出来ずに、そうすると昔ながらの不便な方法をし、それの方が防犯対策が出来ていなくて危険なのにしだすので、大損はするしレバレッジ(倍率)も効いていないので儲からない。

今から説明する方法は、銀行の場合は銀行が儲からない方法なので、銀行は言わない。マスコミは銀行がスポンサーなので、銀行の防犯対策の甘さは適当に叩くが、銀行の収益が伸びないような事は言わない。

マスコミもそのスポンサーの企業も、個人客の損益などは考えずに、それを奪い取る事だけしか考えていない。政治家もマスコミや公務員などという国民を搾取する者の出身なので、一般国民や個人客の生命や財産などを守る事は考えていない。

方や私は、こういう事実を話すことで信用が得られると思っているので、綺麗事を言いながら税金にたかる左翼と違い、顧客第一主義という、ベネフィット(顧客の利益)が拡大することで、私の利益も拡大させそれを保守サービスに投資し、中道左派の在日利権に牛耳られた、頭脳も老化し衰弱している日本を変えたいと思っている。

では、貯金の守り方を説明する。


①口座は複数に小額づつ預けろ

結局は、銀行員などが内部犯行で盗んだら終わりだ。そんな事は無いと思っている人がいるが、大手銀行員でさえ、客から預かった金を盗んだ事件が報道されていた。新しいネットが危険というよりも、古い年寄りが安全だと思っている方法の方が危険だ。

詐欺師は優しく頭の良さそうな人を装い、無知な客は見た目だけで信じる。大半の無知な人は、マスコミの影響で見た目で信じ、論理を聞くのを面倒臭がるので長期的に大損をする。

これは貯金だけに限った事ではなく、多くの事で分散保全は安全だ。ただし外国は身元が不明な詐欺も多いので、公的なものや国内での分散の方が安全だ。外国に送金されたら法的にも犯人を引き渡す条約などがほぼ無いので、盗まれた財産は戻ってこない。

貯金する口座は多くの人は考えが古いので面倒臭がって、信用できると思い込んでいる大手金融機関の口座5個程度までにしか預けないが、そういう大手は古いので防犯も甘いし、ネット専業銀行と違って、無駄な人員を多く雇っているので、経営状態も悪い。

特に地方銀行は考えが古くて防犯が甘いくせに、儲けようとし盗難されるようなペイなどのサービスを提供するが、地方なだけに玄関ドアの鍵もしない情弱な田舎者が何の防犯対策もせずに盗まれる。

これは本人銀行口座にしか送金しない、ATMやペイなどの余計なサービスを提供しない、証券やFX口座なども含めて、口座20個くらいに1口座で100万円以下くらいで預けた方が安全だ。


②ログインIDを公開鍵やパスワードをATMの暗証番号にするような金融機関には注意しろ

公開鍵とは銀行の口座番号や電子メールアドレスなどの、他人に公表しているログインする時に必要なログインIDの事だ。これを使うとハッカーという不正侵入者は、ハッキングという他人にナリスマシてログインをしやすくなる。

方や特にFX会社などは数字だけだが、秘密鍵な会員番号などをログインIDにしている。これだと口座開設時に郵送されてくる場合は、配達員などが盗撮できるかもしれないが、他の方法よりは安全だ。口座開設は暗号化通信なネットだけで完了の方が安全だ。

しかしこれ以上に安全な方法は、顧客が自分で意味を持っていない乱数という、英数大文字小文字記号などを組み合わせたパスワードのような秘密IDを命名した方が最大に安全だ。だが大衆は無知なので自分の名前などをつけてしまうので、運営がIDをつけた方がまだマシになる。

これはログインパスワードも同様で、数字で4文字程度だとハッカーなどは数分で解析ソフトを使い、ログインパスワードを解析しログインしてしまう。しかし長文の乱数のパスワードにしておけば80年ぐらいは解析できないし、秘密IDにしておけば更に解析できなくなる。

素人はパスワードは解析できるので危険!と思うだろうが、解析できない自動な防犯など世の中には存在しない。反原発派の無知なゼロリスク信仰と同じで、放射能で発病した症例など少なく、経済苦で自殺などの方がよっぽど被害が甚大だ。

玄関のドアの鍵でさえ10年で交換した方が良く、金庫の鍵も外部から見えるが、ITのパスワードなどは見えない。判子も古い鍵穴も平文という人間の目で見える弱い防犯で、暗号化された秘密のITなら防犯力は強い。

ATMの暗証番号をネット口座開設の初回のログインパスワードにする大手銀行もあるが、これも例えばコンビニのATMなどで盗撮される危険もあり、最も安全なのはマイナンバーを使ったWebサイトで本人認証するサービスが、今後できたら安全だろう。

現状では存在しないので、防犯が杜撰な銀行などは利用しない方が良いが、しかし大手銀行となると出金手数料無料などのサービスが豊富にあるので、小額しか預けない、お財布口座として利用した方が便利だ。

長期間大金を預ける貯蓄用の口座は、利息が高いネット専業銀行などの定期預金にした方が良かろう。またワンタイムパスワードという数分でパスワードの文字列が変化するパスワードにした方が安全だ。

更に二要素(二段階)認証という例えば登録した電話番号に解錠パスワードを送ってくる防犯サービスを提供する口座も使った方が安全だ。しかし特にログインに関しては、日本国内の仮想通貨業者の大手ぐらいしか採用していない。

これは銀行は安全で、仮想通貨は危険という過去の常識に縛られたからだろう。銀行などはIT防犯に怠慢な古臭い体質だ。更にこれよりも古臭い金融機関があるが、そういう所は内部犯行で犯罪率が銀行よりも一桁は多く、判子は安全と言い張るが、判子は偽造しやすくて危険だ。

そもそも古い方法はITと違って犯行をしたログ(記録)という足跡を残しづらい。メールやネット口座などのIPアドレスのログイン履歴というのを見て、自分以外のIPなら不法侵入者なので通報しよう。

リアルと言いはる古い物には、こういう侵入履歴を残す機能が無いので、防犯カメラの設置などの新しい方法に切り替える事を勧める。



☆口座開設をした方が現金などがもらえて得だ

大手の銀行で今年の10月末までにキャッシュカードをデビットカードにし、合計500円以上をタッチで買い物をすると500円がキャッシュバックという現金がもらえるらしい。デビットカードとはクレジットカードの扱いではあるが借金ではなく、口座残高以上は借金もできない安全なサービスだ。

またカードの方が硬貨などよりもコロナなどに感染しなくて安全だ。しかし最も安全な買い物方法はネット通販であり、コンビニなどで買うよりも、ネット通販の方が安値で感染もしづらい。店舗は浮浪者などと誰が触ったか分からない商品が多くあるが、通販は人数も限られている。

また数日前まで地方銀行の話だが、口座を開設していたら無料の保険もあった。多くの日本人は高値な古い保険に加入してきたが、今は数多くの口座を開設したり、自己アフィリエイトなどで面談にいくと合計1万円がもらえたりするような情報を集めまくり、破格な小額の保険に多数加入なら得だ。

これはかえって加入をせずにキャッシュカードも持っていないと、泥棒が加入して使い込む危険もある。ネットの掲示板などで無知な貧乏ニートらは口座を開設し、カードを持つのは危険と言い張るが、こいつらは買い物もろくに出来ない僻みなどで便利な方法を妨害する。

このように格差というのは、素直では無い古臭い考え方をした頭脳も貧乏な馬鹿は、ネットの掲示板に匿名で書き込むだけという損な人生をおくり、リスクはあるかもしれないが人生一度きりなので、多くの事を知りたいので、面白そうや儲かりそうな事は失敗してもやってみようと思う素直な人は、運が良ければ儲かる。

世の中では儲かるという情報が多いが、損をしない情報という目立たないが着実に少しづつ儲かる方法の方が、数年以上の長期的には儲かるのだ。

難しいかもしれないが、せっかちにならずにだからといって埋没するような脆弱にもならない事だ。また芸能人の影響を受けるとオレオレ詐欺などの犯罪に遭いやすくなる。

有名人は犯罪に遭ったという珍しい話をすれば、更に注目されて儲かるが、大半の無名な一般人には何の得も無く大損なだけだ。ほとんどの人は守りを固めた方が長期どころか、数カ月という中期的にも得だ。

結局はパチンコなどの運任せの胴元しか儲からないインチキ賭博や、社畜な安時給でブランドが残らないアルバイトなどをするよりも、ネットで自己アフィリエイトやSNSの懸賞や口座開設や、少しだけFXや副業などをした方が儲かる。

また人生一度っきりなのだから、ネットで自分を宣伝した方が多くは有名にもなれないが楽しいし、運が良ければ1%ぐらいの成功者に成れれば大儲けだ。しかし20%ぐらいの人は、少し儲かる。

他の多くの人は金額的には0に近いが、それでも何もしないや、のんべんだらりんとTVを見たりゲームをしたり、酒を飲んでいるだけよりは、精神は健全で楽しく出費も少ない。

これこそ自己投資であり、酒を飲めば体も悪くなり、体は資本という貯金でいう元本だ。方やマスコミや銀行や財務系役人というのは酒やタバコなどの体に悪い物でも、税収というか自分たちの利益になるので庇う。

しかし今は金持ちほど健康に悪いことはしないし、貧乏人ほど道楽をする。パチンコも酒もタバコもゲームも昔と違い、普及している古い物なので、情弱な年寄りや田舎者や貧乏人は中毒になっている不良債権だ。

特にゲームはネットで無料でできる!と言いはる情弱もいるが、そんな儲からない無駄に時間をさくなら、まだ簡単にできるSNS懸賞などをしていた方が、当たらなくても申し込みと同時に自分も宣伝を少しは出来る。

今がコロナなどで貯金が出来ないような不景気なら、このように貯読者をしても良いだろう。特に顔出しした知名度なら盗まれない。だから無能な社長以外は顔出しをし、従来のように無駄に金がかかる会社を作らずに、ネットで個人の営業マンになる。

結論は金も必要だが、少ない人生を楽しむという点でも、自己だけ満足な古臭い道楽ではなく、他者満足な宣伝をしまくった方が得であり安全である。複数の口座開設をするのも地味に見えるが、新しいサービスや特典の提供は楽しい。

少ないコストで、利益は1個単位でみると少ないが、数多くのサービスを利用するという「チリも積もれば山となる」というのが利益が安全に貯まる方法だ。詐欺広告は一発逆転などの大儲けで釣るが、豪華な海外旅行をしている風景写真という見た目でごまかし、細かい手段などを嘘なので載せていない。

詐欺でない大企業などの広告も、こういうイメージ広告が多くあるが、これも客が儲からない微妙な詐欺に近い商品だ。特に銀行が紹介する投資信託などは手数料が高いだけの損をする商品なので、手数料が安いネット専業証券で自分でETFなど選んで買った方がマシだ。

ともかく自分で入念に情報を探し、無い頭をしぼっても考えるしかない。エリートといっても、こいつらは権威主義という他人の言うことを鵜呑みにする世間知らずだ。自分で徹底的にシステムを考えない者は成功は出来ない。

以上




令和2年 皇紀2680年 [西暦2020年] 9月21日(月)

著者:城神YU
posted by 城神YU at 05:31| Comment(0) | 貯金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版


このオンライン塾はプログラミングや投資や軍事防犯などを学び、今の反日的な状態を打破しようという令和の松下村塾!ブックマーク(お気に入り)のURLはhttp://sirokami.s205.xrea.comでお願いします。SNSなどでの連絡無しでの拡散は歓迎です。