2020年03月09日

Webデザインでは稼げない?プログラミングなら稼げる?



▲上記の動画をみた感想

①過去や現在のありがちな最低報酬額

【派遣】HTML・CSSで作成→100ページ10万円(10日)=1人月20万円(20日)
【自営業】コンサルティング→1回30万円×4件=1人月120万円
【大企業に派遣】プログラミング→1人月100万円(ただし紹介SI会社の有無…)


※数多い中小企業ではプログラミング案件は望まないというかケチ。
 数少ない大企業では多少望むが、最初だけの狭き門で、これもケチ。
 コンサルティングは他、以上に知名度によりけり。

私ならコンサルティングをし、Webとプログラミングは
Webディレクション(監督)し、レバレッジが利く、
外注をしたいが、人材教育などが面倒なので投資だ。

楽に稼げるのはマネージメントということになるが、
これに必要なのは知名度で、動画で宣伝こそ正しい。


②レバレッジ性
情報商材→1人購入30万円×10人
=300万円―手数料30%=210万円

※メンテナンス・リスクなどはプログラミングよりも、
 情報商材の方が無いと思う。知名度があれば、
 情報商材ほど投資と違い安全に儲かる方法も少ない。


③不労所得性
Webデザイナーやイラストレーターや
情報商材配信者などは「ブランディング」を
すれば、長期間購入者が続くかもしれない。

プログラミングもスマホのアプリなら、
長期購入者が出るかもしれない。

またFXなどの投資は、労力は上記よりはかかるので、
不労所得ではない。自動化や長期保有は大損する
危険性もある。

ネット配信などをしないと投資は、知名度も上が
らずに、投資の情報商材販売をしても儲からない。

それよりも昔ながらの事務職や営業などの
サラリーマンの方が儲からない。

フリーは客をちゃんと選べば青天井の儲けに
なるかもしれない。

要は「仕事を選ぶ」や「金持ちな客を選ぶ」などの
「営業力=人間観察能力」は必要だ。

客に取り込まれる技術者やクリエイターや、
職人や下請けの中小企業になると損をする。

まずは「情報商材が高すぎ」と言う、根拠の無い
アンチに耐えるメンタルが必要だ。

以上



令和2年 皇紀2080年[西暦2020年] 3月8日(日)
著者:城神YU
posted by 城神YU at 10:00| Comment(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版