2019年11月18日

証券マンや銀行員やFPや保険の外交員や不動産業者などは手数料ハンターなので、客は儲からないらしいが…



上記の動画の発言(>)から私、城神YUの感想を述べる。

>証券マンや有資格者はお金のプロ
でも、自腹で投資をしてないので投資のプロではない。

>本当のプロは民間ではない
民間差別か?大企業の社長でも有名な教授でも大損している。
投資のプロは肩書きではなく、中卒でも実際に大儲けした人だ。

>FPやインフルエンサーはステマ
FPは証券がスポンサーのTVCMで儲かる芸能人と同じで、
ステマはあるだろう。お笑い芸人は反社のステマだろうしな…

インフルエンサーは広告ではなく、自作の書籍収入もある。
これはステマが得意なマスコミとは無関係であり、
購読客が儲かってこそ利益が出る、信用商売だ。

>為替リスクはコントロールしづらい
自分でコントロールではなく、沿うしかない「相場は沿う場」だ。
握力という言葉を使う者もいるが、自己都合の投資は負ける。

>論破していく
論破の具体的な内容を言っていない…

実際の数値を出す事こそ論破できる。例えば100万円の取引
を1回する時に、手数料は国内FXなら10円であり、CFDは
百円で、海外FXは数百円で、株は千円で、インデックス・ファンド
や仮想通貨は数千円で、外貨預金は1万円で、投資信託なら
数万円である。

不動産投資の手数料は売却価格の数%だ。山崎元さんのいう
手数料は元本の0.5%は安く見えるが、100万円なら5千円だ。

ギャンブルとは確実性が低いものであり、手数料こそ確実性が高い。
税金は利益に対して課税されるので、手数料こそ最重要だ。

世の中にある投資銘柄のほとんどは、大きな値動きを普段は
しないので、手数料の方がかかり、なかなか利益を出せない。

実際に儲けられるのは、短期間で数多くハイレバなので
トレードできて、手数料が安いFXかCFDしかない。

>FXはギャンブル
「言われている」の連呼だが、やった事があるのか?
一か八かのBOや株などと、含み損もあるFXとは違う。

レバレッジ=FXと決め付けているようだが、レバレッジを
低くすれば、株や外貨預金などよりもリスクは低い。

円貯金も労働も物価上昇リスクもあるので、世の中には
ゼロリスクは存在しない。

>ネットを利用しましょう
ギャンブルというがFXのネット口座開設こそ一番得だ。
保険や不動産の場合は、ネットで簡単に買える物よりも、
コネが無いと得は出来ない。

コネ作りの方法は、細かい事業企画を考え、それを
ネットで配信し、有名人の情報商材を買い、セミナーや
サロンなどに参加し、有名人にその事業を宣伝して
もらうだ。

SNSで絡んで無料で宣伝してもらおうと思う方が、図々しい。
或いはコネを求めずに、ネット配信で変な事をしてでも目立つ
事だ。ただしこれはアフィリエイトや商材販売での効果だ。

>山崎さん
山崎 元は経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、獨協大学経済学部特任教授、
国家公務員共済組合連合会資産運用委員会委員、株式会社マイベンチマーク代表
https://ja.wikipedia.org/wiki/山崎元

>山崎元「大手銀行よりも地方銀行などに預けた方が融資を得やすい」
地方の銀行は手数料が高かったり、得なキャンペーンをしていない。
最近の大手銀行はデビットカードの加入キャンペーンなどをしている。

>株のインデックス・ファンドはローリスク・ローリターン
時間が経つと増税や資源の枯渇や物価上昇などで、
ローリスク・ローリターンでは、物が得れないリスクがある。
ハイリスク・ハイリターンを怖がるのは、他のリスクを把握していない。

他のインフルエンサーもインデックス・ファンドを勧めているが、
儲かっていないようだがな。平均株価だって半額に下がった時もあるだろうが…

>保険の外交員には会うな
しかし自己アフィリエイトで保険と面談すれば、1回で5千円ほどもらえる。
加入はせずに、面談だけという事だ。逃げろじゃなく、強靭な心にならないと儲からない。

また終身保険は若い時に死亡すれば、小さい子供は巨額をもらえる。
5億円の保険料の支払いで、30億円の保険金もある。
これは公的保険やプレミアムな保険だけは有利だが、
普通に勧誘してくる保険や、昔の保険は買うのは損だという事だ。

医療保険は健康だったり、火災保険も家財が安物なら無駄なような気がするが、
妻子がいるなら、終身保険は必ず人間は死ぬので、
貧乏でなければあった方が良いかもしれない。

>新築を購入した人は大損する
地価が上がる可能性もある。そもそも中古でも業者によりけりだろ。
中古は安く見えても、高い管理費が分かりづらく説明されていたり、
人気が無いので安値な中古になり、転売もしづらい。


楽天のダイレクトメールで不動産投資がやばい件↓





城神YUの結論

投資は節税よりも、大原則である【(高価値な物を)安い時に買い、高い時に売る】ことに集中しなければ儲からない。1ヶ月に1回程度しか取引をしないファンドな排出権投資も、定期自動購入なドル・コスト平均法なんてのも儲からない。

インデックス・ファンドな分散投資はコスパが悪い。最近の日経平均株価は2万円から2万5千円の間を行ったり来たりだ。多数の日本人は日経平均ファンドを買うだけなので、大きく儲からない。株やインデックス・ファンドの1年保有で値動きが20%の上下などもコスパが悪い。短期多数トレードなFXなら千%もある。

日本株を多く買っている外国の機関投資家は、それやFXで高金利狙いのトルコリラを長期保有などを、カモにしているという訳だ。またTV通販などでも割高や要らない商品を多く販売している。買ってはいけない物はマスコミが勧める物である。

一番儲かるのは常に相場に張り付き、税金よりも高い手数料で、最も安い国内のFXかCFDで短期トレードをし、自分で安値と高値を把握するしかない。馬鹿上司がいれば人生は破産する、世の中は何でもギャンブルだ。

他人任せこそ儲からない馬鹿ギャンブルだ。年金や退職金や給料を欲しがるのも他人任せだ。戦後の日本と上級武士以外は、終身雇用や安定収入なんてねーよ。昔も外国も能力主義だ。この怠惰な他人任せメンヘラで、勉強をしないので大衆は儲からない。人生は一度きりであり、起業するなど自分に賭けないと、つまらん。

以上



令和元年 皇紀2679年[西暦2019年] 11月17日(日)
著者:城神YU
posted by 城神YU at 11:00| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

コインランドリー投資はマスコミが薦める飲食起業と同じで大損をし儲からないと思う



コインランドリー投資とは自称専門家らが、投資本などで「不動産投資よりは楽に儲かる」と言っている、投資というかコインランドリーを経営する商売だが、本当に儲かるのだろうか?


コインランドリー投資は本当に儲かるのか
https://president.jp/articles/-/25897?page=2
>洗濯機、乾燥機、内装工事代など初期投資に約1500万円はかかるが、
>マンション投資よりもお手軽なうえ、空き室の心配もない

動画では機器代が約1600万円で内装費が1400万円で合計3千万円だ。
月収30万円に対し、毎月40万円が消えていく、赤字地獄だという。
マスコミが勧める飲食起業も、初期投資で1千万円ほどかかり赤字だ。

そして他に店舗の賃料などもあるだろ…ランドリーは機械故障リスクもある。
また不動産投資がランドリーより、困難な詳細が示されていない。
空室が無くても、利用率の低さのリスクはあんだろ…むしろこれが主だ。

家庭用洗濯機1台の値段は中古だと1万円程度で、コインランドリーだと
1回で百円で、月10日利用で千円で、1年で1万2千円だ。昔と違い安い
家電やネット通販なども多くあるので、古いランドリーの需要は増えない。

コインランドリーまで輸送で20分かかったら、自宅で洗濯した方が楽だ。
更に日本は少子高齢化しているので、学生の洗濯模様な昔話をされても、
今はボロいアパートを嫌ったり、昔の洗濯機は高いので、非現実的だ。

今は空き家も増えてきたのだから、洗濯機付きの賃貸なんていうのが、
販売されたらアウトだろ。日本は空き家も増え、人口は減っても世帯数は
減っていないので、コインランドリー投資よりも不動産投資の方が儲かる。

>コインランドリー投資の成否は立地次第
飲食店も立地次第で、有名な芸能人でさえ、立地が良い地価は、
店の賃料が高すぎて、売り上げで儲かっていても撤退している。

そして最近はネット注文で、洗濯をしてくれる業者や、冬の布団や
衣料品を保管してくれる業者もいるので、従来のコインランドリーが
儲かるとは思えない。

またお天気任せなので安定収入が入るとは思えない。
これは太陽光発電と同じで、マスコミが理でなく情で勧める、
お天気任せな農業起業も安定収入は入りづらい。

またコインランドリーで儲かるという根拠である、雨の日やお盆などの
夏は特に外出は濡れたり暑いので、風邪や熱中症などになり、
更にコインランドリーは不特定多数の人が利用するので、ウイルス感染
などの危険もあり、節約したつもりでも医療費の方が高くつくこともある。


そして他の投資や商売をする上でも、重要な点と比べると危険が多い。

それは以下の4つだ。

①在庫リスクが高い
→同業者が少ないので機材の転売などがしづらい。
 機械は10年で回収できると言うが、そこまで長持ちしない。
 洗濯機やパチンコ台を売るメーカーは儲かるが、店は儲からない。

②差別化がしづらい
→弁護士などの資格商売と同じで、同じ事だけしか出来ない商売は
 儲からない。これは鍵屋や歯医者や美容室なども同じで、同業が
 近所に1軒でも出来たら、危険になりやすいギャンブルだ。

③利益が薄い
→安値なラーメンと同じで、水道代やガス代などがかかるわりに、
 ネットの物販せどりなども安値戦争になるので儲からない。
 パチンコ店や民泊などの貧困ビジネスは、最終的に儲からない。

④犯罪に遭いやすい
→無人経営で楽というが、その分泥棒などに遭いやすい。
 投資本でコンビニよりも廃業率が低いと言うけど、
 初期投資で物凄く、資金かかっているから、
 廃業しづらいんだよ…マスコミはイメージばかりだな。

首都圏のコインランドリーで連続窃盗、現金900万円超被害
https://www.sankei.com/affairs/news/191004/afr1910040026-n1.html


コインランドリー投資は、レバレッジがきくFXなどの高効率性投資と
違い、拡大がしづらいわりに在庫リスクなどが高くなるという、旧体質な
パチンコ店経営や飲食や物販と同様に、ハイリスク・ローリターンという、
危険はあるが儲からないとので私、城神YUは絶対にやりたくない。

ちなみに私は、仕事で2001年頃に洗濯工場な会社に少し行って、
LAN保守をさせられた事がある。1995年頃にもダムのディレクター
動画を作らされたり、水道部品や家電のホームページ作成などの
仕事をさせられた。多くが古い非効率性で経営難→低報酬などだ。

経験上も、水まわりや洗濯って商売は、困難なわりに儲からねーよ。
昔は水道屋も独占的な高値な大名商売だったけど、水道の蛇口も
洗濯機も、ネット通販で安値で購入し自作的に代えられる時代だ。

洗濯屋っていうのは、昔から多くの老人の利権がある古い商売だ。
老人の旧利権ってのは、目立つ事をすると排除され儲からない。
マスコミも旧利権なので、マスコミの言う事を聞くと大損する。


以上




令和元年 皇紀2679年[西暦2019年] 11月9日(土)
著者:城神YU
posted by 城神YU at 11:00| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

パソコン仕事が無かった昔の方が良かったのか?

ネスケ


「パソコンない時代、どうやって仕事?」若者の投稿に回顧する人々
https://news.livedoor.com/article/detail/17330674/

上記のような記事があったので、これに反論してみる。なお上記のヘッダー写真は、1994年に私が仕事でMacでプリントアウトした、ネットスケープというWebブラウザのスクショ(画面撮影)である。それを安値な中古スマホで撮影したので、画質が荒い。だが古い資料を保管できている、大企業などは多くあるのか?

>「そりゃあ、手書きで文書を作り、定規で製図をしていたよ」
>「そろばんはじいて見積書作っていたな」

パソコンの前にワープロやガリ版や活版印刷などというものがあった。私は1992年頃にデザインの学校で、Macがあったのにワープロの購入を強制された。今の大学は企業はほぼWindowsなのにMacを買わせている。学校の教材は高値だ。またパソコンのタブレットで作ったものは、手書きに当たらないのだろうか?

ちなみに私は1993年頃にはグラフィックデザイナーという、広告物の作成をしていた。この時期以前は、高値な烏口や製図用のペンを使い、写真植字の文字を使い、版下という製版フィルムを作る原稿を作った。私は学生の頃から大手印刷会社の工場の製版会社でもバイトをしていたのだが、唯一の休憩所が喫煙所だった。

>日本にパソコンが普及し始めたのは、1995年にWindows95が発売されてから
>オフィスの隅々にまで行きわたったのは2000年ごろからといわれる
>パソコンをまったく使わないで仕事をしていたのは、40代前半から後半以上

私は現在48歳だがMacOS7.1で1994年に、印刷物やホームページを作成した。その頃にMacも大手家電量販店で約15万円で購入した。1993年頃にはデザインの学校では既にコンピューターグラフィック科というのも、フォトショップなどもあり、1994年頃にはレイヤー機能もあり、使い勝手は今と同じような感じだった。

>地方の未知の小都市に出張する時は
>昭文社の都道府県地図帳を買って地理を把握

たしか2005年頃に地震で昭文社の地図が流行した。その頃の昭文社の株価で1単元は約15万円だが、今は約5万円弱である。最近かなりのリストラを始めたらしい。今はスマホの普及と出版不況だ。好況でも米国型なリストラだ。


>メールがないから、連絡→返答→また返答の間隔はすごく時間がかかる

1997年頃にメールがあっても、大手新聞社の子会社の求人広告制作会社で、私はコンサルをしていたのだが、版下を遠くの印刷会社にMOという230MBのデータが入るディスクで、輸送していた。

また物凄く効率が悪いなっと思ったのが、事務など他の全部はWindowsパソコンを使っているのに、広告物作成の数台のみは、高値なMacを使っていた。

しかも体育会系な営業マンが、製版フィルムをもってきて、それを版下に取り込んでくれという無知さだ。スタッフの大半が営業マンなので、これは変えられないと思い、契約終了も相手方が言ってきたので、当方も「触らぬ神に何やら」で完全にシャットダウンさせて頂いた。

>かつて新聞記者は伝書鳩で記事を送った

第一次世界大戦のフランス軍?まっ、鳩カメラというのが第二次世界大戦でもあり、中国では食料であり、鳩というのは便利に使われていたのだろう。



昔の方が今よりも一見、動物や人間が酷使されていたように見える

しかし中にはグラフィックデザインの仕事で老害客が「どうせパソコンで楽になったんだから、安値で写真撮影もやってよ。」という話もあり、「労力は昔より増えた」という苦情もある。

そして大企業は安値や無料でイラストを描かせたり、下請けな中小企業などにもソース(原版)を仕事をやるからという無料で貢がせて、安値な中国工場で作り、仕事は渡さないこともある。

ネットの普及で、イラストなどはSNSで宣伝し、個人で販売できるように、やっと最近なった。今までの古い技術は企業中心なものだが、今はやっと個人でも少しは収入が得れるものになってきたのだ。

出生率の低さは、主にアフリカなどの途上国を見ればわかるが、娯楽が無いからだ。ただし世界の人口が急増し、食料などが枯渇してきているので、出生率が高くなるのは良い事なのかは不明だ。

人口が増えれば食事が増え、その分動物を殺した後の消費も増える。経済成長するために、移民を増やすという政治家もいるが、これは結局消費を増やし、共倒れも増やす。消費が少ない昔を基準で、移民政策を勧める政治家の、考え方の古い浅はかさは憂慮すべき状況だ。

また古い判子やFAXなどの紙の仕事を残せというのも、新しいITなどを導入する時の障害になっている。なぜ環境左翼はこれらに反対しないのだろうか?どうせマスコミの利権だからだろう。これは税金の無駄でもある。古い文化は損切りしないと、損が増え続ける。

紙の作成には、子孫が困る飲水の浪費などが多い。また反ダム派も無知なので、飲水確保のダムを考慮していない。老害は無駄な紙仕事などは維持するくせに、飲水などの確保を無視している。古い利権仕事をとっとと廃止するべきだ。



投資で大損せずに利益を上げる方法

投資でも最も大損をしない方法は、大損した時のチャートのスクショを撮り、大損をした理由を考えて、ルール化し、ブログなどで保管する事だ。

最初にパソコンでスクショを大量に撮り、大量のルールをテキスト書類にし、最終的に絞りきったものを、常時長時間自分が見る場所に、手書きで大きく分かりやすく、張り紙すれば良い。

大衆や大衆に迎合しているマスコミの常識は間違えが多い。イラストの下書きは紙で描くというが、むしろ素人は逆でパソコンで描くべきだ。

なぜなら3Dデッサン人形というのが、5千円ぐらいで買えるペイントソフトにはついている。何も考えていない奴が、無駄に紙や資金の浪費をする。マスコミの情報は古いので、投資でも損だ。

以上



令和元年 皇紀2679年(西暦2019年) 11月5日
著者:城神YU
posted by 城神YU at 08:00| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版