2020年11月23日

初心者でも簡単にWebサーバーソフトや大規模システムも作れるプログラミング言語は何か?【大規模とは大金を得れるレバレッジ】

プログラミング言語とは、スマホのアプリなどを作る言語の事で、これを多く知っていると、AI普及などで従来の仕事はリストラされるが、そのAIを作る仕事なので困らないかもしれない。しかしプログラマーが物凄く増えたら別だがね。

大規模システムが作れるということは、FXでいうレバレッジが効く状態なので、高額報酬が望める。古いプログラミング言語は、大規模システムを運営する事が想定されていないので大規模システムを構築しづらい。また古い技術は余剰在庫だ。

Webサーバーソフトとは、ホームページなどを見る時に、例えばURLの「srever-name.co.jp/folder」の/までがWebサーバーのアドレスだ。folderにはホームページなどが格納されている。これは今までだとLinuxではApacheやWindowsはIISぐらいでしか動かなかった。昔も少しは出ていたが、最近は数多く出ている。

Apacheなどはオープンソースという、ソースコードが公表されているので、ウイルス感染の危険が減る。2000年頃にはIISに中国などからのウイルス感染が多く、これがワークグループなどにも送信された。VBなどのマクロウイルスもあるので、この頃はVBも使われていたが、最近はVBの利用は聞かない。Macもマクロ使用で感染だ。

今はインターネットでWebサイトを見る時代であり、昔のようにPCにソフトをインストールして使う時代ではないが、しかしスマホのアプリはインストールするが、これもスピードが早く大容量な5Gなどの普及で、Webブラウザだけで見たり使うのが、楽となるかもしれない。そうなるとWebサーバーフトの開発が主になる可能性がある。

そして以下がプログラミング言語の今までと、これからの傾向と長所や短所などだ。

今までは
・JAVAやC++だが長文すぎる ※習得に難しいと言われている
・コトリンだとJVMなので遅そう ※ヤフーやLineはこれを使用

三大フレームワークと言われるのが
・Rails(Ruby) ※今までは多かったが、他の言語の台頭で…
・Django(Python) ※AIに対応なので将来性がありそう
・Laravel(PHP) ※ワードプレスや、Apacheのモジュールは多い


今後は?
続き
posted by 城神YU at 06:00| Comment(0) | IT戦略コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版


このオンライン塾はプログラミングや投資や軍事防犯などを学び、今の反日的な状態を打破しようという令和の松下村塾!ブックマーク(お気に入り)のURLはhttp://sirokami.s205.xrea.comでお願いします。SNSなどでの連絡無しでの拡散は歓迎です。