2020年06月20日

これから安全に成るための金持ちに多くの人が成れない理由はこれだ

634db_zero-sen.jpg


日本人のほとんどは、これから先に安全に成るために必要である金持ちに、現在は成れていない。

根拠は所得税の納税状況からして、年収1千万円以上の所得を得ている人が、ほとんどいないからだ。

左翼は高額所得を増税しろと言い張るが、所得税源の7割を高額所得者が払い、増税したら海外に逃げる金持ちが増える。

実際にFXなどで儲けた人が、投資の税率が0%な海外に逃げているではないか。

しかし外国は日本と違い、.不衛生で治安も悪い。外国の多くの料理などは東京でしか買えないなどというように、日本は品ぞろえが多く、日本は民間の技術者などが優秀で、中国の富裕層も自国ではなく日本の商品を買いたがる。

そしてマスコミなどで有名人な自称経済の専門家らが、日本の税率を把握せずに、間違った資産運用方法を言う奴もいる。

また自称経済の専門家らは、喫煙や飲酒をかばうが、このせいで個人は金持ちに成れずに病気に成る。




日本人は投資をせずに浪費をするので
何時まで経っても金持ちには成れない


日本人の安全神話だった貯金は、最近の低金利時代からして儲からない。そして物価などは上昇するので、これは運用損であり時間の浪費でもある。

更に古い金融機関では手数料もかかるので、ネット銀行やネット証券に預けた方がまだマシだ。

日本は左翼なマスコミがTVCMなどをするパチンコという、低勝率なギャンブルなどをしているので、金持ちどころか貧乏になる人が多い。

パチンコをするなら、まだ勝率がパチンコよりは高い、宝くじや競馬や株やFXなどをした方がマシだ。

パチンコやホストなどは、これらと違い脱税が多かったり、ギャンブルをしていない一般国民にも還元されるので、これらは税金負担も減る。

そして左翼らが「日本は税金が高い!」だの言うが、低額所得で消費をあまりしなければ日本は税金は安い。


まずは以下の日本の税率を参照する事こそ、財産を形成するための基礎である。

所得税の速算表
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下         5%    0円  ←税金が安いという米国でも10%
195万円を超え 330万円以下  10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下  20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下  23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下  33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下   40% 2,796,000円
4,000万円超     45%    4,796,000円

税率からして在日な経営者のように役員報酬よりも自社株の配当金をもらったり、不祥事を起こした時の社長報酬を1ドルにしたという広告の方が得。

法人税の税率
普通法人
資本金1億円以下の法人など
年800万円以下の部分 15% ←大半の中小企業家や投資家の所得は800万円以下
年800万円超の部分 23.20% ←初期投資がかかる店舗など以外なら起業が得

投資の税率
国内業者で投資(国内株や国内FX)する税率 一律約20%
※損をした時には3年間損を控除できる損失繰越などもあり

ニーサなど株式などでの国内業者での少額投資 0%(無税)

海外FXや仮想通貨の税率は、上記の所得税率


この個人の所得税(とアフィリエイトと仮想通貨と海外FXなど)の税率と会社の法人税率を見ると、多くの人にあてはまる低額所得の場合は、所得税率を適用し、高額所得になったら法人税や国内業者で投資をした方が得だ。

しかし海外FXなどの場合は、国内FXよりも手数料が10倍も高い。税金よりも手数料の方が負担は大きい。また損失繰越が出来ないのと、多くの人が損をしている点でも海外業者での投資は損や、国が認めていないので危険だ。

「日本の投資は規制が厳しいので儲からない!」とネットなどで言い立てている配信者などもいるが、例えば国内FXなら50万円の資金で、1日で数万円の損得をするではないか。

現物株での取引きでは、利益が得られる数日などの短期での売買が、レバレッジが効かないや手数料の高さから出来ない。

これが出来るのは外貨を売買するFXのみだ。仮想通貨も手数料は株並みに高い。しかし一番高いのは投資信託や外貨預金だ。有名なインフルエンサーらは、仮想通貨やロボット投信などを勧めるが、これも得では無い。

しかし多くの人は投資というと、儲からない長期保有の株や投信や外貨預金や外貨建て保険となり、FXや公的な社会保険である年金基金(iDeCoより「国民年金基金」がお得な理由)などを利用しない。

利用しない理由はマスコミが、年金の少しの運用損だけを報道し、多くの運用益は大きく報道しないからだ。マスコミのスポンサーは年金のライバルの、民間の証券会社や保険会社だから、年金潰しな偏向報道をする。



日本人は無駄に数多くの民間の保険を
買っているので金持ちには成れない


日本人の9割が無駄に民間の保険に加入している。これは無駄に高値な携帯電話のキャリア(大手)に加入し、格安SIMを利用していないのに似ている。

まず保険も携帯キャリアも加入する意味は、これらに加入するほど金を儲けているほどの行動をしているかどうかだという事だ。

例えば保険なら儲かるための行動が多ければ、医療費や金持ちに成った後に、自宅に贅沢な購入品を置いておく事で、火災などになったら、高額な保険金を出してくれる火災保険などに加入した方が良いのだが、しかし大半の人がそれほどの財産を持っていない。

また金持ちになれるほど働いていないので、医療保険も無駄になる。しかし従来の金持ちに成る方法は、物凄く働くだったので、物凄く働く予定のある人で、財産に余裕がある人は保険に加入しても良いだろう。

しかしこの従来の金を儲ける方法が、現在では間違いなのだ。この物凄く働くというのは、まずレバレッジが効いていないので、金持ちにはなれない。雇用もレバレッジではあるが、現物が売れない現代では危険だ。

日本の大企業のサラリーマン社長の年収は数千万円という、外国の数十億円と比べても低いので、それよりは自営業をした方がマシだ。また大企業の管理職になれる人も、確率的に数が少ない。

しかし日本は今までは中流社会という、課長などの中間管理職層なサラリーマンの報酬が、景気に左右される自営業よりは安定していると思ってきたので、起業や投資などをしてこなかった。

そしてサラリーマン社会というのは、会社で保険を勧めたり、自社株を買えなどと、無駄な浪費を勧めてくる。

テレワークさえしない古臭い企業が勧める保険や自社株などで儲かるはずがなかろう。

儲けたければ自分で成長株や外貨の価格が安い時に、FXで買い値動きの波の多さを生かし、短期で売るなどと自分で投資をした方がマシだ。




日本人は外国をほめる左翼なマスコミなどに
洗脳されているので金持ちには成れない


外国と違い日本は高齢になっても、財産の使用目的が分からないので、とりあえず高値なので実質大損をする保険や貯金などに回してしまう。

外国と違い日本のFXや仮想通貨などの業者は、金融庁に登録した企業なので外国の業者よりは安全だ。外国の有名な仮想通貨の取引業者でさえ、短期間で閉鎖していた。

外国の業者はホームページを見ても、身元が分からないが、そんな無登録業者に巨額な財産を預けるのは怖い。

しかしネットのブログやSNSなどでは、外国の業者を利用して儲かったという、アフィリエイト報酬を狙った広告記事が多い。

そして金融庁のホームページなどでは、有名な外国の仮想通貨やFX業者でも、これらを宣伝したりするのは仮想通貨法などで違法だという感じに言っている。また身元が分からないと注意喚起もしている。

TVに出ている有名人な投資家でも、これらの違法な海外業者を勧めている。

そもそも三店方式で合法というパチンコをTVCMしているが、パチンコの特殊景品しか買い取らない古物商は、違法な換金所だろう。

TVは闇金ドラマなどで借金は怖い物だと洗脳してきた。しかし企業の多くは借金をしているが、逆にこれは大きく報道しない。なぜならTVCMなどのスポンサーの、巨額な借金をする企業の株価が落ちるからだろう。

また保険も約4%という低年利で借金を貸し出している。これがクレジットカードなどになると約18%だ。しかし起業をしない大半のサラリーマンなどが、この借金をする意味はなかろう。

しかしクレジットカードは安値なサービスを利用するには必要で、また後払いという安全な支払方法だ。また2回分割払いなら年利は0%だ。

現金一括払いというのは安全に見えるが、欠陥品をつかまされたりするので、これこそ保険として少しくらいの金利を払っても、使っていくうちに欠陥を発見し、返金させる方が安全だ。

日本人の良くない点は、このように一回購入してしまうと、後はあきらめて無駄に高値な物を返金させない所だ。

これは逆にいうと、無駄に安月給な会社から他の条件が良い会社に転職もしない。

いつまで経っても、多くの人がしている在庫余りな、技術や事務職などをしたがるが、これらはITの普及で必要とされていないので、報酬も安い。

就職と保険は似ている。古い保険は不利な事が多く、就職も平成デフレ不況時にした就職は条件が悪い。今もコロナ不況なので、条件を悪くする企業は増えるかもしれない。

これはネットで副業などをし、少しでも利益を増やした方が良い。古い考えの人は副業というと、コンビニなどでアルバイトだ。

しかしサラリーマンというレバレッジが効かない単純労働をして、なおかつバイトをして、そこで小銭が入ったから、パチンコや海外旅行などで気晴らしだと言い張る浪費をして、コロナに感染などをする健康被害などもある、通勤などで大損をする。

こんな事をするなら、まだ株やFXで投資をした方が良いのだが、これらの投資は損もあり、恐怖をしている人も多い。そこでブログやアフィリエイトをするなどのネットビジネスで、投資で負けた経験なども述べるなどと少ししても良かろう。

多くの人は成功談だけでなく失敗談も求めている。他人の不幸は密の味といい、他人を馬鹿にするのは楽しいのだろう。

また最近のネットで情報強者は、商品を購入するための数多くのレビューも求めている。情弱は数少ない無知な有名人の情報を鵜呑みにする。

情強は多くの人のデータである統計を信じ、情弱は専門外の権威者の主観を信じる。

喫煙中毒のバカは、統計を根拠にする専門機関を権威者の主観だと決めつけ、権威の主張を信じるのか!と頭の悪い主張をする。

古い考えな人が、火災保険などに加入したがる理由も、昔は災害が多かったので保険に加入したいとなるが、昔の日本人男性の喫煙率は8割だが今は3割だ。

そして火災の原因の上位は、放火・喫煙・コンロだが放火は現代の防犯カメラの普及で減り、喫煙率も低下し、コンロもオール電化なIHなどと技術が進歩したので、火災保険なども要らない。

そもそも昔と比べたら安値な空き家などを探し、建築も家財も昔と比べたら安値で買えるのだから、保険などかなり加入しなくても良い。

しかし最近はコロナで自転車を利用している人が増えているので、自転車は保険加入の義務化とナンバープレート化した方が良い。

これは交通事故による被害者の負担が減る。自転車運転バカは、狭い歩道で早い危ないスピードで走ってくるが、歩道は手押しであり、運転する奴は犯罪者だ。

しかし日本人は優しいので、歩道で自転車運転をしたり、歩きタバコで受動喫煙被害を与えるバカを放置している。

これの防犯方法は、まずこういう自転車運転や喫煙バカは、相手が弱そうだとなめてかかってくるので、軍事的な迷彩のバンダナなどを身に付けて、武術ができそうな装いをした方が良い。

そして謝罪させて、スマホなどで録音やメールで謝罪させるなどの証拠をしっかり残した方が安全だ。これは杜撰な事をする建築業者などにも、こういう対策をした方が安全だ。

また幼児などがコンセントに鍵を差し込むという、危険な事をするというSNSでのつぶやきがあったが、これはまず電源は高い位置に設置した方が、水没した場合も安全だ。

しかし昔からの建築や電気業者というのは、こういう安全性を考えてない。新築するならまず自分で、様々な災害を想定してみた方が良い。

そしてその疑問を解消してくれる業者を探した方が良い。古い田舎の業者は低レベルな暴走族出身者などが多いので、こういう対策はしてくれないわりに高値だ。

仕事の上司などのパートナーや、結婚相手なども、マスコミなどの就職や恋愛ドラマや映画などの影響で、何も考えずに早く、国際結婚などの離婚率の高い恋愛馬鹿をするので、多くの人は破綻している。

これは自分と趣味や生活習慣が近い人と結婚する、見合い結婚という、マスコミなどが古臭いと洗脳する、仲人という第三者の経験のある客観的で合理的な方法こそ安全だ。

仲人というベテランは人生経験が長いので、成功するか失敗するかは、まだ経験の少ない国際結婚などよりは破綻しづらい。外国は日本より平均年齢も低いのだから、人生経験も短く未熟だ。

外国をほめて日本を叩くマスコミも、統計などの証拠が無い偏向報道が多く未熟だ。結果は芸能人などが早死にしているではないか。成功したければ、マスコミの主観で脚色した情報を鵜呑みにせずに、外国のソース(第一次情報源)も原文で見れる、ネットで自分で調べた方が安全だ。



追記:民間の保険やそれがスポンサーなマスコミの常識が無駄な理由
posted by 城神YU at 14:30| Comment(0) | 成功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版