2019年09月24日

【マスコミの常識は大損をする】仮想通貨FXの海外口座や外貨預金やパチンコや従来のビジネスの常識が危険な理由

マスコミの常識=大衆迎合が大損する理由は、ずばり大衆という消費者が損をすると、売り手であるマスコミとそのスポンサーが儲かるからだ。

しかし大衆というのは、昔からマスコミであるTVと新聞と雑誌に洗脳されているので、自分が損をする常識をネットが普及した今でも、頑迷に維持しようとしている。

これは単純に「過去の自分の努力を無駄にしたくない」という、改革したくない面倒臭がっている老化である。過去の歴史を見ると、このようなお客心理の大半の人は、儲からずに大損をし続けている。

そして今現在、儲かると思われているものに、仮想通貨やFXの海外口座や外貨預金やパチンコなどがある。これらの全てがマスコミが宣伝しているものだ。しかし実際は大半は儲からない。

これらの全てが客が負ければ、ギャンブルの親が儲かる方式なので、客は損をするようになっている。しかし仮想通貨とFXだけは、たまに儲かるようになっている。その理由は…

続き
posted by 城神YU at 10:00| Comment(0) | 最優良(再有料)書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版