2019年09月22日

【左翼な大手マスコミが報道しない不都合な真実】イランや反日国などによるテロ対策は防衛機能や防衛予算を増やすべき

A-10ウォートホッグ(米軍機)を見て?
戦争でイランの小型ミサイル艇を一掃できる
https://news.yahoo.com/see-10-warthog-could-wipe-074000653.html
>中国は大きな海軍を構築しており、長距離の対艦ミサイルに投資
>イランは大きな海軍を建造はできないが、小型ミサイル艇に投資

日本はドローンどころか、兵数も航空機数も中国などと比べると、圧倒的に少ないので、防衛費などを増やすべきだ。

反オスプレイなどの連中は、サウジ石油施設に対するイランのテロのような、先が見えてない無知だ。空母も震災や台風や津波被害などからして増やすべきだ。


【最強のA-10攻撃機】車よりデカイ30mmガトリング砲の桁違いの威力とは?
華麗なアクロバット飛行も!



左翼なTVで「ドローン攻撃で核ミサイル防御レーダーはいらない」と訳の分からないことを言っているが、ドローンをキャッチする対ドローン・レーダーなどには触れない。

またドローンを安値なレーザー兵器でも、潰すことができる。

【1発100円】レーザー兵器でドローンの群れを一発で!? - LaWS&HELIOS



ドローンで攻撃されたら膨大な損害があるのに、反軍派は高いの連呼だった。

【ドローン】ネット発射機・妨害電波装置など小型無人機ドローンを撃退する機材を警察庁が導入
posted by 城神YU at 12:00| Comment(0) | 防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版