2019年05月12日

【SNS懸賞は儲かるのか?】論理的に考えない大衆は大損をする

釣りメール


SNS懸賞とは例えばツイッターなどで、フォローとリツイートとLINEの友達登録をしてくれたら「自分はFXで大儲けしたので現金をあげます」や「ギフト券をあげます」や「パソコンやスマホなどをあげます」などというつぶやきだ。

昔と違い今は個人がSNSで簡単に懸賞を出し、フォロワーなどを増やし「影響力を持つ」ことで、高額な儲かるというツールや情報商材の販売やアフィリエイトをさせて、儲けようとしているのだろう。「当選しました」というDMがきても「100万円【分】や【相当】の当選」だと、高額ツールを買わされるかアフィ誘導なだけだろう。

SNS懸賞の大半は、懸賞を出している本人が儲けるための手段であり、応募する人は労力と時間の無駄になるだろう。昔はTVでも懸賞で儲けている主婦というのを取り上げていたが、これはごく少数の人であり、のめり込みすぎると広告主の宣伝ばかりさせられるタダ働き状態になるので注意だ。

しかし昔のTVなどの懸賞と違い、SNS懸賞は懸賞ツイートをRTするだけで、自分のフォロワーも増えるので、TVなどの大企業の懸賞よりは長所が多い。ちなみに大企業もSNS懸賞をしているが、RT数が千は越しているので、当選確率が千分の1以下となり、これはかなり競争が激しい。

ただ個人発の懸賞となるとRT数は数十で、かなり高い当選確率のように見えるが、アフィリエイトをさせるだけの詐欺が多い。特に数十万円はするパソコンなどをあげますという懸賞は、その後にゲームアプリをインストールし無料のメルマガに登録してくださいという、アフィリエイト収入目的の詐欺があるので、電気代の無駄になるので、しないというか、電気代詐欺として小額訴訟をしても良いだろう。

またアフィリエイト自体が景品で誘導するのがNGなので、ASPなどに通報しても良いだろう。ただしこのようなことをするのも無駄で、それならもっと当たりそうな懸賞や投資などをする方に時間をまわした方がマシだ。これは詐欺そうな案件は避けた方がマシということになる。

そして数は少ないが、当たりそうな儲かりそうな案件と、無駄がない選別方法は…


続き
posted by 城神YU at 05:00| Comment(0) | 最優良(再有料)書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版


このオンライン塾はプログラミングや投資や軍事防犯などを学び、今の反日的な状態を打破しようという令和の松下村塾!ブックマーク(お気に入り)のURLはhttp://sirokami.s205.xrea.comでお願いします。SNSなどでの連絡無しでの拡散は歓迎です。