2019年04月09日

【昔の商売の仕方は儲からない】客がつまらんと思う仕事などやめちまえ!だが客は素人が多いので甘やかすな!

今は多くの物が売れない無気力な時代なのだが、年寄りはまだ売れると思っている。年寄りは1980年代の頃の大昔の栄光にしがみつき、今は損をし続けている。

だが大損のツケは年寄りが払うのではなく、日本の若者を雇い止めするという、酷い状況を続けている。そして人件費が安い外国人を求めている。

これは1990年頃は、大企業などは大学の新卒しか雇わずに、転職が多い人は堪え性が無い駄目人間だという、今でいうネトウヨ認定をしていた。

特に南京大虐殺はあったと言い張るパチンコがスポンサーな漫画家などは、ネトウヨは貧乏が多いと言い張っていたが、最近の調査だと親中国なマスコミがネトウヨは、40代の高収入な男性が多いという結果だ。

これは「ネットを使ってネットビジネスや情報収集や自営業などをし、保守的な堅いビジネス感覚を持てば成功できる」という事だろう。また他の統計でも40代の無職はネット利用者が少ないと出ている。


続き
posted by 城神YU at 05:00| Comment(0) | 最優良(再有料)書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版