2019年03月31日

今までの書籍の販売の不便な点と、これからの電子書籍販売や投資ビジネスのやり方


今までの書籍とは、紙の書籍や新聞や、古臭い体質の出版社が販売している電子書籍の事である。これからの電子書籍とは、電子書籍というよりもブログ・マガジンなどの事である。

今までの書籍を擁護する古臭い連中の言い分は、「紙の書籍は立ち読みが出来て客が分かりやすい」という訳の分からない理由だ。まず立ち読み自体が窃盗という犯罪に近く、作家が儲からない。

そしてブログ・マガジンの場合は、この記事のように途中から有料に出来るので、従来の電子書籍と比べても便利だ。ただし最初の宣伝なページは、ホームページで公開する方法もある。

書籍は作家が有名でなければ、読まれる要素の7割は題名で、2割が表紙だろう。電子書籍を作るのでも、動画配信者によると、中身の文章などの内容は見込み客は見れないので、見れる表紙に時間をかけるという。

これなので今まで書店などで多くある、紙の書籍は売れないと思う。ネットで数多くある無料のイラストなどを見れば分かるが、従来の紙の書籍というのはデザイン・センスが無いというかダサい。しかしこれよりも根本的な問題がある。それは…


そもそも書籍の宣伝の仕方は昔の方法では売れなくなってきている


続き
posted by 城神YU at 07:00| Comment(0) | 最優良(再有料)書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版