2019年02月19日

貧乏になる人と金持ちになる人の台詞【FX編】

前回の記事(参照)では一般的な世界での貧乏人と金持ちの違いを説明した。今回はFXという外為証拠金取引をする時に、ネット素人は詳しい人たちだと誤解しているネットユーザーなどが使っている、台詞をあげてみる。

FXは他の方法よりは、安定的に儲かる。しかし大半の人が、投資でもビジネスでも儲からないと、多くのネット動画配信者などが言っている。これの原因も以下だ。
大負けする貧乏人と金持ちの投資家の違い

貧乏人「追証(おいしょう)する?駄目だよ!そんなのギャンブルだよ!」
金持ち「貯金を崩したくないから追証しない?大損するぞ」

→追証とは追加証拠金の略であり、ネットのFX配信などではこれを嫌う人が多い。

 しかし定期貯金などで百万円を預けても1年で、たった数百円の利息だ。
 FXでロスカットという損切りを食らえば、1日で数千円以上の損をする。

 逆にそれだけの利益も得れるので、昔は収入3億円から2億円に減り、更に
 物価も上がり厳しくなる、苦役なサラリーマン生活からも脱サラしやすくなる。

 そして同じ資金額だとパチンコは数万円は損をする。FXは数日で含み損が戻る
 事もよくある。これはパチンコなどをしているのなら、その資金でFXをした方が
 安全だ。

貧乏人「教材が千円?高すぎだ!情報は無料の時代だ!」
金持ち「教材が千円?安すぎない?」

→これは前回の記事と同じ内容だが共通している。これこそ最も重要な要素なの 
 だ。FXは1年で資金の十倍も儲かる事もあるのだから、商売もだが安く教える
 はずはない。安い教材は入門編の繰り返しで、時間も金も無駄だ。

 また貧乏人は安っぽい古臭い感傷で「十倍儲ける?そこまで儲けなくても慎ま
 しい生活をする」と言うが、上記でも述べたように、物価上昇と給料の下落に
 よる危機が、十年後ぐらいには迫っている可能性があり、悠長は無知だ。

以下では、マスコミに出ている自称専門家や証券マンなどが言わない、これを知らないのか、知っていてわざとか、大損をする事を書籍などに書いている。

なぜ証券マンやそれらがスポンサーのマスコミは言わないのかというと、客が負けてくれた方が、大金な負け分や手数料が多くもらえ、自分が儲かるからだろう。







本記事の続きは①か②などになります。どれも同じ内容ですので、購入は1つだけにしないと損です。
決済方法は、クレジットカード・一部デビットカード(は審査無しで容易に所有可能)決済のみか、
銀行振り込み(クレジットカード・一部デビットカードが無い人用)などでも決済可能に分かれます。

続き(note無料などの会員未入会可。クレジットカード・一部デビットカード決済のみ)
続き(FC2無料などの会員入会必要。クレジットカード・一部デビットカード。ポイント決済)

※注意
 決済情報はこの記事を投稿した時点の情報です。
 時間が経つと運営が変更するかもしれないという事です。

 決済時に登録するメールアドレスは当方(著者)には、公開されていないので、
 もし運営がサービスを終了したら、購読者様かどうかは当方では分かりません。

 電子書籍の短所はサービス終了したら閲覧が出来ないので、PCやスマホなどに
 保存する事をお勧めします。しかしこの方法だとそのデータは最新版ではないので、
 新しい試みとして、複数のサーバーでバックアップ販売する事にしました。

 有料記事などの質問は返信するとは保証しませんが、質問の対象の記事のURLと
 購読者だけが知っている未公開部分の文章を少し(20文字程度)、表示して頂ければ、
 回答するかもしれません。興味が無い内容は返信しませんし、あっても忙しい時は遅れます。

 質問などは以下のツイッターIDをフォロー後に、DMで御願いします。
 noteやFC2やツイッターのIDなどは、無料メールアドレスだけで、防犯上安全な
 匿名で簡単に無料で作れますし、この程度の事が出来ない奴は儲かりません。

著者のツイッターURL https://twitter.com/46kami_YU


posted by 城神YU at 05:00| Comment(0) | 最優良(再有料)書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版