2019年01月12日

クリエーターなどとして起業し脱サラしたと思っても、下請けやフリーランスでは儲からない理由と対策(損をしないルール集)




TVの経済番組などで、「あの中小企業が作った商品を大企業が認め成功した」という報道がある。中小企業のブログなどでも、「大企業の子会社になりました」という感じの記事がある。

これは果たして脱サラし、成功できたのだろうか?またTVなどで報道する起業というのは多くが、ヒットしているラーメン屋さんなどの外食や、元芸能人による農業起業などだが成功しているのか?

成功の定義が「儲かっていないけど自分は満足している」というボランティアな自己満足だと、ビジネスという点で平行線になるので除外する。だが、多くのTVなどの報道はこれが混じりこんでいる。

多くの大衆が儲からない理由は、これである。ネットでも「自分は儲けるためにネット配信している訳ではない。趣味でやっている!」と、若くて金が無さそうな奴が言い張っている。日本は貧乏な大学生がボランティアをするという狂っている状態だ。

外国は金持ちがボランティアをし、貧乏人はその恩恵を受ける。だが日本は貧乏な学生やサラリーマンなどがボランティアをする。このメンタル(心)が左翼なマスコミや学校の教師によってメンヘラという、ヘラっと現実離れさせているのだ。

では、実際の私の体験談である、マスコミである広告制作会社でグラフィックデザイナーや、新聞社の子会社の求人広告会社でDTPのコンサルタントや、家電大手にホームページ作成者とサーバー管理者として派遣に行ったなどを元に、サラリーマンでも、フリーランスでも、起業しても企業の下請け仕事をしても無駄だという事を述べる。

以下の情報は、投資で負けているインフルエンサーなどよりは、現場経験などを詳細に分析しているものなので、就職や起業や仕事や株式投資などでも役に立つと思う。


続き
posted by 城神YU at 08:24| Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版