2019年01月04日

1月3日の対円通貨の大暴落は日本を狙っているのでは?

昨日の1月3日の朝にドル円が109円から104円に大暴落し、半日も経つと108円まで戻すという事態が起きた。

さすがにここまで大暴落するのは、数年に1度で数時間程度な稀なケースなのだがスイスフランショックのように、これをパチンコ屋の工作員などは乱用し、ネットの大型掲示板などでFXは怖いという印象操作をするかもしれない。

こういう稀なケースで恐れていては、この先の物価上昇と給料の減少によるリスクには対処できなくなる。リスクは投資で損をするよりも、こっちの方が大きい。

パチンコの場合は同じ資金額だと、1時間で1万円は損(がほとんど)を確定するのに対し、FXは普段は2千円程度の含み損・得しかない。

この大暴落の材料はアップルが中国経済の減速で、業績の下方修正をしたという報道があった。しかしそれだけだろうか?

もうスマホなどの携帯電話は普及しまくり、去年12月に上場したIPO株であるソフトバンクの1500円が1200円あたりまで落ちた公募価格割れからして、少しは織込み始めるのではなかろうか。

そこで他に言われているのが、正月は薄商いなのでヘッジファンドが仕掛けてきたというものだ。更に以前からもヘッジファンドの多くは経営状態が悪くなったので、何かをするのではないか?とネットの動画などで個人の配信者が言っていた。

これはもうマスコミはあてにならずに、ネットや個人の方があてになるという事だろう。マスコミに出ている経済アナリストなども、実際は自腹でトレードをしていないので、トレードをしている個人の方が勘が鋭いのかもしれない。

要するに疑わずに報道されたファンダだけを信じ、チャートを見ないマスコミや証券会社なトレードの方法は大損するのだ。証券会社の営業マンというのは、業績の良さというファンダだけで買い推奨をするが、チャートを見ると高すぎだ。

日本の証券やFX会社というのは在日系なのが多いので、日本人客が損させようとしているのだろう。株は高値の方が手数料も高く出来るので、証券会社が儲かる。FXは客の負け分は対面取引が多いので、FX会社のものになりFX会社が儲かる。

外国から見たら円高になってくれた方が、日本人が外国製品を買うので円高を望む。国際経済が危機になると日本円に一極集中する。これは日本に頼りきっているという事で、たかっているという事だ。

今年はこれからも株安・円高になるかもしれない。これは去年に私も予想をしていたので、ノーポジという様子見をしていた。というよりも、在日な企業が多いので、株の長期保有などしても危ないし、FXも同じで反日が多いので長期保有などしたら危ない。投資も商売もコツがあるのだ。



投資は短期投資で様子見をしリスクが低いが有望な商売は早くやれ

投資は大きな動きがあるまでは、エントリーしない方が安全だ。大きく下がれば大きく反動の上昇をするので、そこを狙い買う方が良い。

これは商売も同じで、不景気になって物価安になったら、買いだめをしておくぐらい大量投資をするだ。特に今の中小企業というのは年寄り経営者が多いせいか、安いホームページ・ブログ作成などで宣伝をせずに「儲からない」と嘆いているが、そもそも多くの人が見れないアホな状態だ。

だが商売の場合は、商機というものがある。これは投資以上に予想がつきづらい。これはネット配信などでヒットするのと同じで、なかなかヒットしづらいので、投資よりも起業などの方が成功するのは難しい。

しかし難しいからといってやらないのは損だ。特に初期コストが少ししかからないネット広告やブログなどは、パチンコやFXなどでポジポジ病という常にエントリーし大損するパターンを防ぐためにも、やった方が良い。

禁煙するのも、このキーボードを打ち続けたり、ネット動画や放送などをし続けるので効果がある。起業をするならネット放送で歌でも歌って目立てよ。

こうすれば起業もしやすい。そしてこれからは日本は少子高齢化などで消費が減少しているので、日本向けよりも外国に輸出するためのコンテンツを作った方が良い。

だが日本の大企業は在日のためか、日本向けにしか作られていない。外国に輸出するようなサイトの作りをしている、動画サイトなどが少ない。この手のサイトは的外れなので、会員数なども減っているようだ。

しかしまだ在日な企業が多い。これに対抗するには保守派が金を稼ぎ、サイトなどを作るしかない。金を稼ぐ最も効率的な方法は、商売ではなくFXなどの投資だ。

商売は商品が売れない、在庫リスクが高い。マスコミが奨めている外食や農業での起業は腐りやすい食品なので最も危険だ。だが円高にしているので、日本で洋食店を起業させようとしている。

今は東京郊外でも、やたらと外国の飲食店が増え、チラシまでポスティングで来るほどだ。これは日本を食い物にしようとしているのだろう。

そして今年は移民政策や消費税の増税だ。そして東京五輪需要の終了も今年だ。特に日本の景気を悪くしようとしているのか?

移民で経済成長した証拠など、外国のデータでも無いし、今の外国は移民を縮小しようとしている。日本は周回遅れな事を今からしようとしている。

今の日本は円高進行で、日本の若者や中年などの雇用は減るだろう。しかし移民の増加だ。移民は日本で仕事がないと、日本の税金で生活保護を受けることになるだろう。

これからはこの税負担が増え続ける。これを防ぐには、やはり保守派が金を稼ぎ、情報配信サイトや政党を作ったり大きくするしかない。

反原発サヨクは「ネトウヨ(ネット右翼)!」と連呼するのだから、ネットやアフィリエイトや電気などを使うなよ。韓国の方がニート率が日本の2倍なのだが、「外に出ろ」の連呼リアンなのだが、外食店などだと冷蔵庫が屋外にあるという不衛生さだ。

健康上もマスコミが奨めるような外食店やパチンコ店や居酒屋などには行かない方が安全だ。このような道楽に金を使わずに、投資で儲かるチャンスを待て。そこまでは利息が高いネット銀行で貯金をしてろ。

証券会社やFX会社が奨める、新興国通貨やIPO株は大暴落して大損するので長期保有するな。ただし勉強を物凄くした後に、自分で儲かると判断したら、短期で勝ち逃げし続けろ。これしか飛躍的に儲かる方法は無い。アホルダーの長期保有バカは決済をしないので大損する。



以上
posted by 城神YU at 04:59| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
Analysis
アナライズ 分析

投資も商売も「メンタル9割:その他1割」(恐怖に耐えろ)


FXなどの投資の分析は「ファンダ3割:テクニカル7割」


ファンダ(経済ニュースなど)だけ重視する奴は、みんなと同じ事をし大損する。
チャート(テクニカル)分析こそ、普段は勝てるが、大損する馬鹿は軽視する。

「投資資金が今あまりない」場合でも、ドル円とNYダウ
(米国の日経平均株価のような指数)などの連動を見る



市場相場はInvesting.com 日本 によって機能されている


相場の値動きは複数で見比べると正確です。
また株や資源や為替などは、お互いで影響

しあう場合があります。



▼投資やビジネスで儲ける資金やチャンスを作る方法(初心者向け)
【文章付き】テレビや新聞や雑誌は無駄が多いので損をし、ネットは無駄が少ないので得をする (FC2動画版